2015年7月27日

アスパラガスの収穫体験

アスパラガスの収穫体験

実は地のものファームオンラインショップでは、野菜の収穫体験も行っています。

7月25日(土)、オンラインショップで販売しているじゃがいもを栽培しているベテラン農家さんのところへ、アスパラ収穫体験へ行ってきました!
台風接近で催行が危ぶまれましたが、当日は素晴らしい快晴で、気持ちの良い日差しと風を浴びながら長崎県南島原市へ出発。小浜の足湯に立ち寄った後、12時頃に現地に到着し、軽い説明を受けてからいざ収穫体験へ!アスパラガスが栽培されているビニールハウスの中へ入った瞬間、参加者全員が驚愕。中はまるで小さな森のようで、よくテレビで観る光景とは全く違う、と皆さん興奮されていました。
専用のはさみとアスパラガス300gが入るビニール袋を手に、腰を屈めてアスパラガスの森の中へ!農家さんのお話では、このふさふさした木のようなものがアスパラガスの“親”で、この親が“子ども”に栄養を与えることによってアスパラガスは育っていきます。私たちが普段目にし食べているのは、なんと“子ども”の方だったのです!
お子様も夢中で収穫を行っており、収穫を終え、ビニールハウスの中から出てきたお客様の手には、採りたて新鮮なアスパラガスが沢山!

収穫が終わった後は、農家さんが5年の年月をかけてこつこつと建ててきたログハウスでバーベキュー!採りたてのアスパラガスや赤土で育ったじゃがいも、そして甘味のある玉ねぎを、豪快にバター焼き。ログハウスから絶景を眺めながらの贅沢なバーベキューに、お客様も大喜び!アスパラガスは噛めば噛むほど口の中に甘味が広がり、太くしっかりしているのでとても食べごたえがありました。じゃがいもは、まるでじゃがいもステーキのような分厚さで、少し焦げ目がついたくらいが食べ時!赤土育ちででんぷん含量が多いので甘味が強く、バターとの相性も抜群で1人で何個も食べてしまうほどでした。玉ねぎは辛みがなくてシャキシャキとしており、その美味しさのあまり夢中で玉ねぎばかり食べている方がいらっしゃるほど。
「こんなにお腹一杯になるまで野菜を食べたのは初めて!」「採れたてでどれも新鮮!こんなに美味しい野菜は初めて食べました!」「アスパラガスがあんなふうに育っているなんて、本当にビックリしました!収穫体験に来なかったら一生知らなかったと思います」そんなお声を、お客様から沢山いただきました。

農場を出た後は、近くにある展望台で段々畑の絶景を堪能!海をバックにして広がる棚畑は、思わず息を呑んでしまうほど美しい光景です。旅の締め括りにはぴったりの場所でした。

両側にあるふさふさしたものがアスパラガスの“親”で、下の方ににょきにょきと生えているのがアスパラガスの“子ども”、つまり私たちが普段目にし食べているアスパラガスです。

両側にあるふさふさしたものがアスパラガスの“親”で、下の方ににょきにょきと生えているのがアスパラガスの“子ども”、つまり私たちが普段目にし食べているアスパラガスです。

農家さんが5年の年月をかけて、独学で建てたログハウス。まだ未完成ですが、2階建てとなっており、上から眺める景色はとても美しかったです。

農家さんが5年の年月をかけて、独学で建てたログハウス。まだ未完成ですが、2階建てとなっており、上から眺める景色はとても美しかったです。

バターの香りが食欲をそそる、野菜がメインのバーベキュー。とてもシンプルですが、とても豪華。野菜の美味しさを味わうことが出来ます。

バターの香りが食欲をそそる、野菜がメインのバーベキュー。とてもシンプルですが、とても豪華。野菜の美味しさを味わうことが出来ます。

近くにある展望台からは、海をバックにして広がる棚畑の景観を眺めることが出来ます。天気が良いと、青い空、青い海、そして大自然を同時に堪能することが出来ます。

近くにある展望台からは、海をバックにして広がる棚畑の景観を眺めることが出来ます。天気が良いと、青い空、青い海、そして大自然を同時に堪能することが出来ます。